パソコンを買う時に見る所は、一般的な利用なら、主にCUPの性能と処理速度、十分なメモリ量があるかないかでしたが、HDDに代わるSSDが登場してから、これを搭載しているか無いかでも大きく変わるようになりました。

SSDとは、簡単に説明すると、USBに使われているメモリを使った記憶装置です。データの読み出し速度が速いので、パソコンの動きが格段に速くなります。古いPCでもHDDをSSDに変えるだけで速くなります。1度使うとHDDのPCには戻れなくなるくらいです。

現在、SSD搭載のパソコンは高いですが、HDDはコピー交換する事が出来ます。普及タイプのパソコンでも、SSDにするだけで快適に使えるようになります。

今は、丁度、Windows10の無償アップグレード期間です。良いCPUを積んだ一年くらい前の型遅れになったWindows8.1を買い、SSD交換、Windows10のアップグレードを行えば、今の値段の高いパソコンと同じ性能のパソコンになります。

例えば、今年の冬モデル、NECのLAVIE Hybrid ZERO HZ550は、14~17万円ほど(1月2日現在)していますが、1年前に発売された同じCPUで、同じ4GBメモリのLenovo G50は5万円位です。これをSSDに交換してWindows8.1を10にアップグレードすれば、NECの新型高性能機並になります。120GBのSSDは1万円もしません。

メーカーが外国ではないかと思われる方がいらっしゃると思いますが、LenovoとNECはパソコンで合併会社を作っており、将来、その会社の株は100%、Lenovoが取得する条項が付いています。つまり、NECのパソコン部門は、実質、Lenovoの子会社になっています。また、Lenovoはパソコン生産量で世界一です。

他に、ワープロや表計算のOfficeソフトが付いてませんが、今は、簡単なファイルなら問題ないネット版のオフィスが無料で使えます。マイクロソフトオフィス互換のLibre Officeもあります。もちろん無料です。皆が皆、高いマイクロソフトオフィスを用意する必要はありません。

また、SSDのコピー交換やWindows10のアップグレード作業があります。慣れた人なら問題が起こっても対処できますが、よく分からずに作業すると、上手く行かない時にはまってしまいます。当店ではこれらの作業をまとめたパックをご用意しております。作業料14000円(部品代別途)です。今までのパソコンサポート会社の料金から考えたら、お得レベルどころではありません。半値以下です。そのパソコンと当店のサポートに部品代を足しても、NECのSSD機と比べて半額程で済みます。

ただ、パソコンの部品を交換すると、メーカー保証がなくなる可能性があります。一週間くらいの初期不良対応期間はご利用になり、動作確認後、SSD交換するのが良いと思います。

koukyuuka