OSの仮想化

本日のお客様は、以前、Windows10上でXPを使えるようにした方です。そのパソコンでVISTAも動かして欲しいというご依頼です。

今回は、インストールディスクでクリーンインストールするのではなく、元になるVISTAが動いているパソコンがあるので、それをWindows10上で使えるように変換して移植します。データや環境そのままで移植できます。

これは仮想化と呼ばれる技術で、別のパソコンを一ソフトのようにパソコン内で動かすことができます。どうしても昔のOSじゃないと動かないソフトがある場合、この方法が有効です。仮想化ソフトはHyper-VやVMwareなどがありますが、お客様のご希望で、今回はVMwareを使いました。