本日のお客様は、「起動しなくなった。スタートアップ修復が出てきて失敗する。その繰り返し。メーカに聞いたら、データを取り出して初期化しかないと言われた。こちらで何とかならないか」というご依頼です。

スタートアップ修復の無限ループ、多いですね。続きます。

パソコンは東芝のダイナブック、2010年秋冬モデルです。確認で起動させてみましたが、スタートアップの修復が勝手にかかり、短時間で終了します。もちろん、失敗です。再起動させても起動せず、同じ事の繰り返し。ハードディスクをチェックしてみても不良セクタもなく良好です。スタートアップ修復のエラー内容を確認すると、「tmel.sysが破損」と出ています。調べて見ると、ウイルスバスターのファイルらしい事が分かりました。ただ、これが直接の原因かどうか分からないようです。

とりあえず、システムの復元をしてみました。失敗します。もちろん起動しません。チェックディスクを掛けてみましたが、問題なし。残るは初期化しかなかと諦めかけていたところ、色々やっている内に起動してきました。これはチャンスと色々処理をして再起動を数回繰り返し、問題が無いことを確認。完成です。

メーカー修理の手配が済んでいて、明日の午前中に業者がパソコンを取りに来るから、本日中に何とかして欲しいとの事でしたので、時間に追われていましたが、諦めずにトライしてみて良かったです。

今回はHDD交換がないので、料金は起動回復作業の料金だけで12800円です。起動しなくなる前の環境とデータそのままで、このお値段はかなりお得だと思います。他ではないんじゃないでしょうか。