本日のお客様は、「パソコンが重くて使えない。『仮想メモリが不足しています』と出てくる。C:ドライブが真っ赤になっている。直りますか?」というご依頼です。

もちろん直ります。原因は表示の通りハードディスクの容量不足とメモリ不足です。ハードディスクを交換して、メモリを増設すれば直ります。壊れている訳ではないので、そんなに難しい作業ではありません。

パソコンパーツは年を追うごとに安くなります。性能もどんどん良くなります。また、ハードディスクは3年から5年で故障しやすくなります。お手頃価格になったパーツに交換することでパソコンが快適になります。今回はそんな作業例です。

パソコンは富士通の結構古い型のVistaです。丁寧に使われていたようで、故障しているところはありません。ハードディスクも容量が足らないというだけで良好です。ハードディスクはパソコンの限界容量のものに交換します。メモリも能力一杯まで積みます。Vistaは、当時、メモリ不足で発売されていたので、動きが重く評判が悪いですが、メモリを足してやれば、普通に使えるOSになります。

交換作業を終え、起動時に出てくるエラーを出ないようにし、余分なファイルやマルウェアソフトを削除して、セキュリティ3点セットを更新し完了です。作業していても、動きが全然違うことが分かります。

見違えるようになりました。お客様もとても喜ばれていました。