「間違えて消してしまったファイルを何とか復元できないか」と、ご相談がありました。ゴミ箱は空にしてしまって何もない状態です。

簡単に復元できました。

Windows7以降、「以前のバージョン」という機能がOSに備わっていて、少し前の状態が自動で保存されています。直前の状態ではないですが、上手く保存されていれば、少し前のファイルが取り出せます。間違えて上書き保存してしまったファイルでも有効です。

復元方法

  1. ファイルやフォルダにマウスを当てて右クリック (ファイルがない場合は上位のフォルダ)
  2. 「以前のバージョンの復元」をクリック
    以前のバージョンの復元
  3. ファイルを選択して、「開く」、「コピー」、「復元」を選んでクリック
    以前のバージョン