本日のお客様は「パソコンが遅い、フォントが上手く表示されない時がある。直るだろうか」というご依頼です。

パソコンメーカーはASUS。数年前、一番安かったパソコンを購入されたそうです。搭載CPUはCeleron。Celeronは格安パソコンに使われている事が多いCPUです。省電力が売りですが、その分、能力も抑えられていて、動きがそれなりです。仕事で使うとなるとイライラすると思います。

起動させてみると、計ってはいませんが、Windows10のロック画面が出てくるまでに5分以上掛かり、その後も、HDDが落ちつくまで何分もかかりました。マルウェアにかかっていて余計遅くなっています。HDDは正常ですが、HDDランプが点きっぱなしで、HDDのアクセスが足を引っ張っているのは明らかです。このマルウェアを消しても、そう速くなりそうにありません。そこで、SSDへの交換をお勧めしました。動作の高速なSSDなら、CPUの性能を最大限引き出してくれるはずです。

データ量はほとんど文章データなので大したことありません。120GBのSSDに交換します。

SSD交換後、起動させて驚きました。電源を押して15秒で立ち上がってきます。起動した後もテキパキ動きます。見違えるようです。どれだけHDDが足を引っ張っていたんだと思います。マルウェアはサービスで消しました。画像にあるもの以外に3個入っていました。

PC Plifier

 

料金は、HDDの裏ブタがあったので、作業料6000円と部品代7800円の合計13800円です。